高齢者における健康の社会階層格差のメカニズムとその制御要因の解明

業績

研究助成

2018~現在
科学研究費補助金(基盤研究A)「高齢者における健康の社会階層による格差のメカニズムとその制御」(研究代表者:杉澤秀博)
2014~2017年度
科学研究費補助金(基盤研究A)「高齢者における社会的不利の重層化の機序とその制御要因の解明」(研究代表者:杉澤秀博)
2009~2013年度
科学研究費補助金(新学術領域)「社会連帯の形成・維持機構の解明」(研究代表者:杉澤秀博)
2004~2006年度
科学研究費補助金(基盤研究A)「パネル調査に基づく中高年者の生涯現役の条件に関する研究」(研究代表者:柴田博)
2001~2003年度
厚生労働科学研究費補助金(長寿科学)「高齢者における健康で働きがいのある就労継続の社会的基盤に関する研究」(研究代表者:柴田博)
2000~2002年度
科学研究費補助金(基盤研究A)「中高年期における職業からの引退過程と家庭、健康のダイナミクスに関する研究」(研究代表者:柴田博)
1998~2000年度
厚生労働科学研究費補助金(長寿科学)「中高年齢者の職業からの引退過程と健康、経済との関連に関する研究」(研究代表者:柴田博)
▲ページの先頭へ

論文(査読付き)

Harada, K., Sugisawa, H., Sugihara, Y., Yanagisawa, S., & Shimmei, M. (2018) Social Support, Negative Interactions, and Mental Health: Evidence of Cross-Domain Buffering Effects among Older Adults in Japan, Research on Aging, 40(4): 388-405. DOI: 10.1177/0164027517701446.
Sugisawa, H., Sugihara, Y., Kobayashi, E., Fukaya, T., & Liang, J. (2018) The Influence of Lifecourse Financial Strains on the Later-Life Health of the Japanese as Assessed by Four Models Based on Different Health Indicators. Ageing & Society, 1?22. DOI: 10.1017/S0144686X18000673.
Sugisawa, H., Harada, K., Sugihara, Y., Yanagisawa, S., & Shimmei, M. (2018) Socioeconomic Status Disparities in Late-life Disability Based on Age, Period, and Cohort in Japan, Archives of Gerontology and Geriatrics, 75: 6-15.
新名正弥・杉澤秀博・杉原陽子・原田謙・柳沢志津子(2017)「政治的有効性感覚と組織参加の世代差」『老年学雑誌』7: 31-44.
Sugisawa, H., Harada, K., Sugihara, Y., Yanagisawa, S., & Shimmei, M. (2016) Socioeconomic Status and Self-rated Health of Japanese People, Based on Age, Cohort, and Period, Population Health Metrics, 14: 27. DOI: 10.1186/s12963-016-0095-z.
Sugisawa, H., Shimizu, Y., Kumagai, T., Sugisaki, H. Ohira, S., & Shinoda, T. (2016) Effects of Socioeconomic Status on Physical and Mental Health of Hemodialysis Patients in Japan: Differences by Age, Period, and Cohort, International Journal of Nephrology and Renovascular Disease, 9: 171?182.
原田謙・杉澤秀博(2015)「居住満足度に関連する要因:地域環境に着目したマルチレベル分析」『理論と方法』30(1): 101-115.
Sugisawa, H., Nomura, T., & Tomonaga, M. (2015) Psychosocial Mediators between Socioeconomic Status and Dietary Habits among Japanese Older Adults, The Journal of Nutrition, Health & Aging, 19(2): 130?136.
柴田博・杉原陽子・杉澤秀博(2012)「中高年日本人における社会貢献活動の規定要因と心身のウェルビーイングに与える影響:2つの代表性のあるパネルの縦断的分析」『応用老年学』6(1): 21-38.
原田謙・杉澤秀博・柴田博(2009)「高齢者のシルバー人材センターの退会に関連する要因」『老年社会科学』31(3): 350-358.
原田謙・杉澤秀博・柴田博(2008)「都市部の若年男性におけるエイジズムに関連する要因」『老年社会科学』29(4): 485-492.
Sugihara, Y., Sugisawa, H., Shibata, H., & Harada, K. (2008) Productive Roles, Gender, and Depressive Symptoms: Evidence From a National Longitudinal Study of Late-Middle-Aged Japanese, Journal of Gerontology, 63B(4): 227-234.
Yamada, Y., Sugisawa, H., Sugihara, Y., & Shibata, H. (2005) Factors Relating to Organizational Commitment of Older Male Employees in Japan, Journal of Cross Cultural Gerontology, 20(3): 181-191.
原田謙・杉澤秀博・杉原陽子・山田嘉子・柴田博(2004)「日本語版Fraboniエイジズム尺度(FSA)短縮版の作成:都市部の若年男性におけるエイジズムの測定」『老年社会科学』26(3): 308-319.
▲ページの先頭へ

著書

▲ページの先頭へ

論文(査読なし)

杉澤秀博 (2018) 「高齢者における健康格差研究のリサーチ・クエスチョン:社会階層に着目して」『老年社会科学』40(1): 59-66.
原田謙(2016)「社会学の系譜から地域の文脈効果を再考する:集合的効力感に着目したソーシャル・キャピタル研究」『老年社会科学』37(4): 447-455.
杉原陽子(2016)「プロダクティブ・エイジングに関する国際比較の現状と課題」『応用老年学』10(1): 4-12.
杉澤秀博(2016)「老年学におけるソーシャル・キャピタル研究の意義と課題」『老年社会科学』37(4): 465-472.
原田謙・杉澤秀博(2015)「ソーシャル・サポート、ネガティブ・インタラクションと精神的健康」『実践女子大学人間社会学部紀要』11: 63-77.
杉澤秀博(2012)「健康の社会的決定要因としての社会関係:概念と研究の到達点の整理」『季刊社会保障研究』48(3): 252-265.
原田謙(2011)「エイジズム研究の動向と課題(論壇)」『老年社会科学』33(1): 74-81.
杉澤秀博・柴田博(2006)「職業からの引退への適応:定年退職に着目して(日本社会の高齢化と生きがい問題の諸相)」『生きがい研究』12: 73-96.
杉澤秀博(2001)「中高年者の職業ストレスといきがい、健康:「中高年者の職業からの引退と健康」プロジェクト(JHRS)から」『中央調査報』527: 4733-4737.
▲ページの先頭へ

学会発表・シンポジウム・講演

杉澤秀博・柳沢志津子・原田謙・杉原陽子・新名正弥(2018)「中卒男性高齢者における運動習慣の未実施に至るプロセス」第60回日本老年社会科学会(東京).
原田謙・杉澤秀博・杉原陽子・柳沢志津子・新名正弥(2017)「職場におけるエイジズムが健康に及ぼす影響:中高年男性を対象とした全国調査の結果から」第59回日本老年社会科学会(名古屋).
Harada, K., Sugisawa, H., Sugihara, Y., Yanagisawa, S., & Shimmei, M. (2017) Perceived Neighborhood Environment, Social Support, and Physical Activity among Elderly Japanese, The 21th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, San Francisco.
杉澤秀博(2017)「教育講演:高齢者における健康の社会的決定要因:社会階層による差」第59回大会日本老年社会科学会(名古屋).
杉澤秀博・原田謙・杉原陽子・柳沢志津子・新名正弥(2017)「ライフコースの視点からみた身近な人の健康維持習慣と高齢期の健康維持習慣との関連」第59回日本老年社会科学会(名古屋).
Sugisawa, H., Harada, K., Sugihara, Y., Yanagisawa, S., & Shimmei, M. (2017) Psychosocial Mediators between Socioeconomic Status and Physical Activity in Older Japanese Adults, The 21th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, San Francisco.
Harada, K., Sugisawa, H., Sugihara, Y., Yanagisawa, S., & Shimmei, M. (2016) Effects of Social Support and Negative Interactions on Mental Health in Japan, The 69th Annual Meeting of the Gerontological Society of America, New Orleans.
杉澤秀博(2016)「シンポジウム 社会学の応用と公衆衛生実践・研究の新たな展開:社会関係と健康に関する研究の展開と課題」第75回日本公衆衛生学会総会(大阪).
杉澤秀博・原田謙・杉原陽子・柳沢志津子・新名正弥(2016)「高齢者の日常生活動作の経済階層による格差:年齢,時代,生年コホートによる違いはあるか」第58回日本老年社会科学会(松山).
原田謙(2015)「社会学の立場から「地域」の文脈効果を考える:老年社会科学におけるソーシャル・キャピタル研究の課題」第57回日本老年社会科学会(横浜)シンポジウム「ソーシャル・キャピタルと地域づくり」.
杉澤秀博・清水由美子・熊谷たまき(2015)「透析患者の健康状態の所得による格差:年齢・時代・生年コホートによる違いはあるか」第57回日本老年社会科学会大会(神奈川).
杉澤秀博・杉原陽子(2015)「健康度自己評価の社会階層による格差:年齢、時代、生年コホートによる違い」第74回日本公衆衛生学会総会(長崎).
柳沢志津子・杉澤秀博・原田謙・杉原陽子・新名正弥(2015)「男性高齢者が参加する社会組織のメンバー特性と関連要因:青壮年者との比較」第57回日本老年社会科学会(横浜).
原田謙(2014)「地域のつながりは健康にどんな影響をもたらすのか:30自治体調査の知見から」新学術領域研究「社会階層と健康」市民公開シンポジウム(東京).
杉澤秀博・清水由美子・熊谷たまき(2014)「透析導入年齢による高齢期における身体的・社会的・経済的不利の差」第56回日本老年社会科学会大会(岐阜).
Sugisawa, H., Kobayashi, E., & Liang, J. (2014) Impact of Life Span Financial Hardship on the Health of Elderly Japanese, The 67th Annual Scientific Meeting of Gerontological Society of America, Washington, D. C.
柳沢志津子(2014)「地域のつながりを生み出す仕掛け:企業退職男性高齢者が活躍できる場所づくり」新学術領域研究「社会階層と健康」市民公開シンポジウム(東京).
原田謙・杉澤秀博・杉原陽子・柳沢志津子・新名正弥(2013)「高齢者の地域への愛着に関連する要因:地域環境の質に着目したマルチレベル分析」第55回日本老年社会科学会(大阪).
Harada, K. (2013) Social Status, Social Capital and Health: Survey of Resident in 30 Municipalities in Tokyo Metropolitan Area, The International Conference on Social Stratification and Health; Interdisciplinary Research and Action for Equity, The University of Tokyo.
Shimmei, M., Sugisawa, H., Harada, K., Sugihara, Y., & Yanagisawa, S. (2013) Promotion of Health and Potential of New-forms of Organisations at Communal Level, The International Conference on Social Stratification and Health; Interdisciplinary Research and Action for Equity, The University of Tokyo.
杉澤秀博・野村知子・友永美帆(2013)「高齢者における食品摂取習慣の階層間格差とその要因」第55回日本老年社会科学会大会(大阪).
Sugisawa, H. (2013) Review of Empirical Studies about Mechanism of the Effects of Social Capital on Health, The International Conference on Social Stratification and Health; Interdisciplinary Research and Action for Equity, The University of Tokyo.
柳沢志津子・杉澤秀博(2013)「企業退職男性を対象とした自主的地域組織への参加・継続プロセス:維持期にある社会参加組織を事例として」日本社会福祉学会中国・四国ブロック第44回大会(徳島).
柳沢志津子・杉澤秀博(2013)「企業退職男性高齢者における社会活動への参加・継続のプロセス:受け入れ組織の戦略と参加メンバーとの相互作用」第61回日本社会福祉学会(北海道).
原田謙・杉澤秀博・杉原陽子・柳沢志津子・新名正弥(2012)「高齢者における地域レベルのソーシャル・キャピタルの精神的健康への効果:集団参加を用いたマルチレベル分析」第54回日本老年社会科学会(佐久).
新名正弥・杉澤秀博・原田謙・杉原陽子・柳沢志津子(2012)「高齢者における帰属組織の特性と政治的有効性感覚との関連:青年・壮年者との比較」第54回日本老年社会科学会(佐久).
杉原陽子・杉澤秀博・原田謙・柳沢志津子・新名正弥(2012)「孤独感と個人・地域レベルの社会関係資本との関連:青壮年者との比較」第54回日本老年社会科学会(佐久).
杉澤秀博・原田謙・杉原陽子・新名正弥・柳沢志津子(2012)「高齢者における個人レベルのソーシャル・キャピタルの健康度自己評価への効果:青壮年者との比較」第54回日本老年社会科学会(佐久).
杉澤秀博(2012)「シンポジウム 社会階層と健康 社会学と他領域との連携の可能性を探る: 健康の階層差研究における社会関係資本の位置づけ」第54回数理社会学会大会(神奈川).
Sugisawa, H., Harada, K., Shimmei, M., Sugihara, Y., & Yanagisawa, S. (2012) Effects of Individual-level Social Capital on Health of Elderly People, 45th Australian Association of Gerontology National Conference, Brisbane Convention and Exhibition Centre.
Harada, K. (2011) The Effects of Social Capital on Health: Evidence from a Survey in Tokyo Metropolitan Area, The International Conference on Social Stratification and Health; Looking into the Future Research Agenda, The University of Tokyo.
Harada, K., Sugisawa, H., Sugihara, Y., & Shibata, H.(2011)Longitudinal Study of Marital Status, Gender, and Depression in Japan, The 9th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology and Geriatrics, Melbourne Australia, Melbourne Convention and Exhibition Centre.
杉澤秀博・杉原陽子・新名正弥・児玉寛子(2011)「高齢者の健康の階層差を社会関係資本は緩和できるか」第53回日本老年社会科学会大会(東京).
原田謙(2010)「エイジズム研究の動向と課題」第52回日本老年社会科学会(名古屋)日本老年社会科学会奨励賞受賞記念講演.
Harada, K., Sugisawa, H., Sugihara, Y., & Shibata, H.(2009)Education, Work History, and Dynamics of Poverty: A Longitudinal Analysis of Older Adults in Japan, The 19th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, Paris.
原田謙・杉澤秀博・杉原陽子・柴田博(2008)「中高年者の配偶関係と精神的健康:「引退と健康に関するパネル調査(JHRS)」による分析」第50回日本老年社会科学会(大阪).
原田謙・杉澤秀博・山田嘉子・柴田博(2007)「シルバー人材センター退会者の類型化に関する研究」第49回日本老年社会科学会(札幌).
原田謙・杉澤秀博・山田嘉子・柴田博(2006)「シルバー人材センターからの退会に関連する要因」第48回日本老年社会科学会(大阪).
杉原陽子・杉澤秀博・柴田博・原田謙(2006)「生産的活動(プロダクティブ・アクティビティ)が中高年齢者の心身の健康に及ぼす影響:「引退と健康に関するパネル調査(JHRS)」の結果から」第48回日本老年社会科学会(大阪).
杉澤秀博・杉原陽子・原田謙・山田嘉子・黒澤昌子・柴田博(2005)「中高年期男性の失業状態の変化と精神健康」第47回日本老年社会科学会(東京).
Harada, K. Sugisawa, H., Shibata, H., Sugihara, Y., & Yamada, Y.(2004)Measurement and Correlates of Ageism Among Japanese Young Men Living in Urban Areas, The 57th Annual Meeting of the Gerontological Society of America, Washington.
堀内宏倫・杉澤秀博・山田嘉子・杉原陽子・柴田博(2004)「中高年就業者における仕事満足度の関連要因の男女比較」第46回日本老年社会科学会(仙台).
杉澤秀博・原田謙・山田嘉子・横山博子・堀内宏倫・柴田博(2004)「シルバー人材センターの施策評価:所属会員のセンターに対する主観的評価およびwell-beingに与える効果をアウトカム指標として」第46回日本老年社会科学会(仙台).
原田謙・杉澤秀博・山田嘉子・杉原陽子・塚原陽子・柴田博(2003)「若年者におけるエイジズムの測定と要因分析」第45回日本老年社会科学会(名古屋).
杉澤秀博・原田謙・山田嘉子・杉原陽子・塚原陽子・柴田博(2003)「若年就労者の高齢者就労に対する態度に関連する要因」第45回日本老年社会科学会(名古屋).
山田嘉子・杉澤秀博・杉原陽子・柴田博(2003)「中高年就労者と若年就労者の従事する企業特性・職業とエイジズムとの関連」第45回日本老年社会科学会(名古屋).
山田嘉子・杉澤秀博・杉原陽子・柴田博(2003)「中年期における2年後生活満足度の予測要因:老後に関する知識の役割」日本社会福祉学会第51回大会(大阪).
Sugihara, Y., Sugisawa, H., Shibata, H., Harada, K., Fukaya, T., & Kobayashi, E.(2003)Productive Activities and the Risk of Lifestyle-related Diseases among Middle-aged Adults in Japan: A National Longitudinal Study, The 7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Tokyo.
Sugisawa, H., Harada, K., Shibata, H., Sugihara, Y. & Hougham, G. W. (2003)Effects of Mandatory Retirement on the Mental Health and Social Well-being of Japanese Men, The 56th Annual Meeting of the Gerontological Society of America, San Diego.
Yamada, Y., Sugisawa, H., Sugihara, Y., & Shibata, H. (2003) Organizational Factors Associated with Job Satisfaction and Organizational Commitment of Older Workers in Japan. The 56th Annual Meeting of the Gerontological Society of America, San Diego.
原田謙・杉澤秀博・小林江里香・金恵京・杉原陽子・深谷太郎・柴田博(2001)「中高年期における転職・再就職に関する研究(その1):平成不況下における転職の困難に関連する要因」第43回日本老年社会科学会(大阪).
小林江里香・杉澤秀博・杉原陽子・金恵京・深谷太郎・原田謙・柴田博(2001)「中高年期における転職・再就職に関する研究(その2):「より良い」転職に関連する要因の検討」第43回日本老年社会科学会(大阪).
▲ページの先頭へ

調査報告書

▲ページの先頭へ

パンフレット